ダイエット停滞期でも運動を継続することが大切

ダイエットのためにカロリー制限や、運動を続けていると、停滞期に差し掛かることがあります。スリムになりたいからとダイエットを始めたのに、しばらくするとやる気が起きなくなるのは、この停滞期が発声するためです。ダイエットをはじめた当初は、運動にしても食事制限にしても、それまでの生活との違いが体に大きな影響を与えるので、変化が現れやすくなっています。しかし、ダイエットを始めてから何日か経過すると、始めのうちは順調に減っていた体重が、急に減らなくなってしまいます。これが停滞期と呼ばれています。体重の減少具合が鈍化して、ダイエットを続けているのに体重の数字が横ばいになってしまいます。こうなると結果が見えないために、やる気が失せてしまい、ここでダイエットを諦めてしまうというケースも多いようです。ですが、停滞期とはダイエットがきちんとできている証ともいえます。停滞期中にダイエットを中断させてしまうのは、やめたほうがいいでしょう。唐突にカロリー摂取量が減ると、それでも身体機能に支障が出ないよう、代謝を抑え、エネルギーを使わないようにと体は反応します。要するに少量の食べ物でも、体の機能を正常に保つ働きをしてくれるので、いくら食事制限によるダイエットをしても、効果が無くなってしまうのです。ダイエットに停滞期があることを知らないと、このくらいの次点でダイエットをやめてしまうようです。身体に蓄積されている体脂肪を効果的に燃焼させるためには、停滞期に入ることはダイエットが順調に進んでいる証拠と考えて、運動や食事制限をしっかり継続できるように心がけましょう。体重が落ちにくくなったとしても、痩せにくくなっているわけではないので、焦らずにそのまま運動や食事制限を続けていくうちに、再び体重が減る時期がやってくるのです。