ダイエットの停滞期を脱出するためには

食事もカロリーを控えているし運動も欠かさず行っているにもかかわらず、ある日突然体重がピタッと減らなくなってしまう停滞期。ダイエットをやり遂げるには、停滞期中でも食事制限や運動をしっかり続けることができるかにかかっているといっても言い過ぎではありません。せっかくダイエットを始めたのに、停滞期になると、頑張りの成果が形になって見えなくなるため、張り合いがなくなって挫折する人もいます。人によって、ダイエットをした反動でリバウンドが起きて、以前と比べて体重が増えたという人もいます。せっせとダイエットに取り組んだのに、太っただけで変わってしまっては、むなしい話です。停滞期の乗り越え方には様々なものがありますが、チートデイを設定するという方法があります。チートデイとは日本語に訳すと、ずるをする日という意味で、つらい食事制限によるダイエットを少しだけ中断して、好きなものを食べるのです。多くの場合、ダイエットをすると、カロリー量が多くなりすぎないように、食べる量を少なくします。急激に食事の量が減ると、人体は命の関わる重大なことが起きている可能性を考えて、できるだけ体内に届けられたカロリーを使い切るまいとします。食事の量が少ない日を長く続けすぎないように、適度なタイミングでチートデイをつくることで、栄養やカロリーを体のあちこちに行き渡るようにするのが目的になります。ダイエットをしている人の中には、途中、チートデイがあったために、停滞期を抜けられたという人もいます。大事なことは、チートデイは2日は3日も続けないことです。あくまでダイエットと折り合いをつけるためのものなので、1日のみにしましょう。